安心安全な旅行を楽しむために

旅行

海外旅行は日本にはない文化を楽しめるのが特徴ですが、ただ海外への渡航は日本国内で旅行するのとは勝手が違うので注意です。海外では日本人をターゲットにした窃盗が横行しており、盗まれたものがパスポートやスマートフォンの場合だと個人情報が記載されているので放置をすると犯罪に使われるので注意です。そこで海外でも安全に過ごすために、利用者数が伸びているのが三井住友海上などの保険会社がサービスとして展開している海外旅行保険です。この保険は、海外に渡航する機会が多い人のために安心安全な旅行が出来るようにバックアップするための保険になります。例えばパスポートやスマートフォンが盗まれたもしくは紛失した際には、三井住友海上に電話をすることで即時解約だけでなく再発行をして送ってくれるのです。それ以外にも海外で病気をした時には、入院費を支払ってもらえるなどのメリットがあります。

海外保険の加入条件を調べておく

海外渡航が多いのであれば、海外で起きる突発的な出来事に対処するために三井住友海上の海外保険は重要な役割を担います。しかし海外旅行保険は便利とはいえ、他の保険と同様に加入条件があるので確認する必要があります。海外旅行保険は社会及び健康保険と違い任意に加入する保険なので、加入者の健康状態も判断基準になります。もし糖尿病などの持病を持っている場合は、海外渡航する際に症状が悪化する恐れがあるので審査に影響する場合があるのです。そして海外渡航をするうえで趣味で、ロッククライミングやスカイダイビングをするために行く場合も同様に大けがをする可能性が高いため加入できない場合があります。これ以外にも様々な加入条件があるので、三井住友海上を含めて加入する際には事前に調べておくことが大事です。

保険があっても自衛は大事

任意の保険なので加入条件が組み込まれていますが、三井住友海上を含めた海外旅行保険は安心して現地に滞在するうえで重要な保険です。ただいくら安心を支えるために重要とはいえ、やはり海外に渡航するのであれば自衛は大事です。何度も言うように、海外で過ごすということは日本で過ごすのとはわけが違います。国の都市によって治安が違うので、海外旅行保険に加入していても国が危険指定している地域に赴いた場合には自己責任になる可能性が高いです。さらにSARZや新型コロナウイルスのように、突発的な病原菌の発生や国同士の争いなども起きるリスクはあります。いくら海外旅行保険といっても、こういった突発的な出来事に出くわしてしまった場合は対処しきれない可能性が高いです。海外旅行保険はあくまで最低限の安全を保障するものと考えて、何度も言うように自衛は大事です。自衛としては貴重品類は専用の施設に預けておくのと、夜の出歩きはあくまで宿泊施設周辺に限定をして明るい場所を歩くようにします。そのうえでスマートフォンや日本語表記できるニュースサイトを見て、朝と夜には国で起きていることを確認することが大事です。

広告募集中